〒320-0804 栃木県宇都宮市二荒町1-14

受付時間:10時~12時、14時~18時
※休診日 
第1/第3/第5日曜、祝日
   日曜の後は金→月→木→日の順で休診
 くわしくは こちら(当院のご紹介・地図・診療日)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

028-634-2535

治療例

 こちらでご紹介する症例はすべて当院で治療を受けられた患者様です。ひとりひとりお口の中が違いますが、ご参考頂ければ、幸いです。

治療例1:上顎前突(出っ歯)

原因はいろいろとありますが、一般的には上顎の過成長および下顎の劣成長、またはその両方と言われています。症例により、骨格的には問題がなくても、上顎前歯に押されて下顎が後方位をとっている場合もあります。その場合、接触を早期に除去して下顎を前方に誘導することが可能なケースがあります。

治療前

※ 上顎前歯が15ミリほど下顎より出ていました。歯の凸凹もあり、それに伴って上の唇も出ていました。

治療後

※ 歯列を拡大し、下顎が成長を伴って、前下方へ移動しました。抜歯をすること無く、顔貌・歯列ともにきれいになりました。

治験例2:叢生(でこぼこ)

いわゆる乱ぐい歯、凸凹の歯を叢生(そうせい)と呼んでいます。歯の大きさに対して受け皿である歯槽部の大きさが足りません。乳歯の早期喪失、舌癖(歯列に舌を押しつけて飲む癖など)等により歯列が広がらなかったためです。
 治療には、歯列を広げて凸凹をとる場合と、抜歯により空隙を作る方法があります。下の例では、ヘッドギアを用いて奥歯を移動し、また歯列幅を広げることで抜歯をしないで治療しています。

     治療前

※ あご(歯槽)が小さく、歯が並びきれていません。犬歯がはみ出しています(いわゆる八重歯)。

     治療後

※ ヘッドギアで奥歯を移動し、また歯列を広げながら、かみ合わせを高くしています。抜歯をせずに凸凹がきれいになりました。

治療例3:反対咬合(うけ口)

一般的に反対咬合の場合、下顎の過成長および上顎の劣成長またはそれら両方と言われています。そのため成長期においては、下顎の成長を抑制(チンキャップ)、上顎の成長を促進(プロトラクター)などの顎外装置を用いることがあります。
 それ以外にも、たとえば舌癖により下顎前歯が前方に押されて、反対咬合になっているケースもしばしば見受けられます。
 成人矯正では顎変形症(反対咬合も含めて)治療のための外科矯正も選択の一つとなります。

     治療前

※ 上顎の前歯も奥歯も下顎の中に入っています。上下顎の成長のバランスが良くありません。

     治療後

※ 上顎の歯列を拡大し、下顎を後方移動しました。舌癖(歯列に舌を押しつけて飲む癖)の練習も行いました。

治療例4:開咬(かみ合わない)

 上下顎の歯は接触することで、かみ切るなどの機能をしますが、何らかの原因でかみ合わない場合、開咬と呼ばれる不正咬合になります。その原因としては、指しゃぶり、爪かみ、舌癖などの癖のほかに、骨格的な問題が存在する場合があります。指しゃぶりなどの場合は原因を除くことと、筋機能療法(トレーニング)を併用して治療を行います。骨格的な場合は診断に基づき治療を行います。

     治療前

※ 上下の前歯がかみ合っていません。開いている隙間に舌が入り込み、それによって飲み込む癖があるようです。

     治療後

※ 歯列の凸凹をとりながら、上下の歯列がかみ合うように移動しました。筋機能療法(トレーニング)を併用しています。

治療例5:埋伏歯

何らかの原因で歯が正常に萌出せず、様々な向きで歯槽骨内にとどまっている状態です。牽引で口腔内に誘導しますが、困難な場合もあります。

     治療前

※ 上の前歯が歯槽骨内に留まり、萌出できない状態です。レントゲンで位置関係を検査し、牽引できると診断しました。

     治療後

※ 歯の出るすきまを確保した後で弱い力で牽引しました。きれいに前歯部のラインが整っています。

治療例5:埋伏歯

何らかの原因で歯が正常に萌出せず、様々な向きで歯槽骨内にとどまっている状態です。牽引で口腔内に誘導しますが、困難な場合もあります。

     治療前

※ 上の前歯が歯槽骨内に留まり、萌出できない状態です。レントゲンで位置関係を検査し、牽引できると診断しました。

     治療後

※ 歯の出るすきまを確保した後で弱い力で牽引しました。きれいに前歯部のラインが整っています。

随時、更新します。
 

その他のメニュー

お問合せはこちら

お気軽にお問い合わせください

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

028-634-2535

受付時間:10時~12時、14時~18時
※休診日 第1/第3/第5日曜、祝日
 日曜の後は金→月→木→日の順で休診

 詳しくはこちら(当院のご紹介・地図・診療日)