〒320-0804 栃木県宇都宮市二荒町1-14

受付時間:10時~12時、14時~18時
※休診日 
第1/第3/第5日曜、祝日
   日曜の後は金→月→木→日の順で休診
 くわしくは こちら(当院のご紹介・地図・診療日)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

028-634-2535

保定装置について

 矯正治療にはご紹介したとおり、いくつかのステップがありますが、装置で歯やあごの治療を終了した後、必要なのが「保定」です。たとえば、矯正装置をはずした後、そのままにしておくと、歯の凸凹が戻ってきます。これを「後戻り」と言います。その 後戻りを防ぐのが保定です。

 保定にはいろいろな方法がありますが、私たちのところでは、トゥースポジショナーとリテーナーを中心に進めています。

トゥースポジショナー

トゥースポジショナー

 永久歯列(Ⅱ期治療)や成人矯正治療後、装置を撤去した後に使用します。装着時間が長いほど 保定効果は高いのですが、実生活に合わせて就寝時や休日を中心に装着して頂いています。

メリットとしては

  • 動的治療の最終段階である「仕上げ」効果が期待できるので、装置を早く外すことが可能です。
  • 口腔外で咬合状態が精査できる(特に、裏側から咬合状態を見ることが出来ます)ので、ワイヤーのみで仕上げるより、より理想的な咬合状態で保定できます。
  • 舌癖(嚥下時、舌を歯列に押しつける癖など)をブロックできるので、それによる後戻りが防げます。
  • 口呼吸が難しくなるので、鼻呼吸に誘導するトレーニングになります。実際、鼻の通りが良くなり、呼吸が楽になる場合があります。

反面

  • 風邪などで鼻の通りが良くない場合、使用しにくい。
  • 装置が大きいので、昼間は使いにくい。

等がありますが、全体としては保定効果の高い装置です。             料金は税込で\32,400です。

セットアップモデル

アライナー

 左:セットアップモデルです。装置をはずす前に歯の型(印象)をとり、模型上で理想的な歯列配置をします。このとき、歯のちょっとしたねじれや傾斜など修正します。それの複製を作り、トゥースポジショナーを作ります。既製のトゥースポジショナーと比べて、手間がかかる分より精密な保定装置になります。

 右:アライナーと呼んでいます。上記の複製模型から作成します。したがってトゥースポジショナーの上下が分かれたのと同様な形になります。トゥースポジショナーが使いにくい昼間などで使用します。

リテーナー

リテーナー

リテーナー

 最も一般的に用いられる保定装置です。右のリテーナーはクリアタイプと呼ばれ、機能の制限はあるものの、装着しても目立たないのでよく使用されています。

 伝統的なワイヤーを曲げて作るタイプもあります。機能的にはクリアタイプより良い面がありますが、表側にワイヤーが出てしまうのであまり審美的ではありません。

 リテーナーは装置料に含まれていますので、基本的には無料です。

料金表はこちらをクリック

マルチファミリーなど

マルチファミリー

マルチファミリー

 こどもの矯正(Ⅰ期治療)の場合、矯正装置終了後、保定に加えて乳歯の生え替わりなどの観察が必要になります。

 右のマルチファミリーもそれに用いる装置のひとつになります。歯列拡大後、後戻りの防止の他に、乳歯が抜けた後の永久歯の萌出を誘導することが出来ます。必要に応じて、リテーナーと併用する場合もあります。

お問合せはこちら

お気軽にお問い合わせください

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

028-634-2535

受付時間:10時~12時、14時~18時
※休診日 第1/第3/第5日曜、祝日
 日曜の後は金→月→木→日の順で休診

 詳しくはこちら(当院のご紹介・地図・診療日)